沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

ロゴ


琉球ガラス 琉球ガラス

沖縄の島野菜 島野菜

旅行前注文で楽々沖縄旅行



沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


識名園(しきなえん) 世界遺産
 今回は識名園です。世界遺産に登録されているので、有名な史跡ですが、首里城の近くにあるのにもかかわらず、あまり観光コースに入ってないのか観光客の少ない場所です。
 識名園は入園料が必要ですが、庭園なのでゆっくりと過ごせます。

説明はパンフレットから
 識名園(俗にシチナヌウドゥンと呼ぶ)は、琉球王家最大の別邸で、国王一家の保養や外国使臣の接待などに利用されました。18世紀の終わり頃つくられ、1800年に尚温王(しょうおんおう)冊封のため訪れた正使趙文楷(ちょうぶんかい)、副使李鼎元(りていげん)を招いています。
 王家の別邸は、17世紀の後半、首里の崎山村(現在の首里崎山町)に御茶屋御殿(ウチャヤウドゥン)が作られました。首里城の東に位置したので御茶屋御殿は「東苑」とも呼ばれ、識名園は首里城の南にあるので「南苑」とも呼ばれました。
 識名園の造園形式は、池のまわりを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「廻遊式庭園」になっています。「廻遊式庭園」は近世に日本の諸大名が競ってつくるようになった造園形式ですが、識名園の池に浮かぶ島には中国風あずまやの六角堂や大小のアーチ橋が配され、池の周囲を琉球石灰岩で積みまわすなど、琉球独特の工夫が見られます。
 識名園は、かつて春は池の東の梅林に花が咲いてその香りが漂い、夏には中島や泉のほとりの藤、秋には池のほとりの桔梗が美しい花を咲かせ、「常夏」の沖縄にあって四季の移ろいも楽しめるよう、巧みな気配りがなされていました。
 指定面積は約41,997㎡(約12,726坪)で、そのうち御殿(ウドゥン)をはじめとする全ての建物の面積は、合計で643㎡(約195坪)となっています。1941年(昭和16)年に国の名勝に指定されましたが、去る大戦によって壊滅的な破壊を受けました。1975(昭和50)年から整備が進められ、約20年の歳月と約8億円にも上る費用を費やして、ようやく今日のような姿を取り戻しました。1976(昭和51)年1月30日、再び国の名勝の指定を受け、2000(平成12)年3月30日には、特別名勝に指定され、さらに同年12月2日、ユネスコの世界遺産に登録されました。

識名園

池を中心に御殿、六角堂が配置されています。

識名園

琉球石灰岩のアーチ橋が配され、庭園を散歩出来ます。

識名園

育徳泉です。ここには淡水で育つ紅藻類「シマチスジノリ」の発生地として、1972(昭和47)年、国の天然記念物にしてされました。


識名園は首里城から県道82号線を南下すると標識が見えてきます。
駐車料金は無料ですが、観覧料が必要です(大人300円、小人100円)。

なお、水曜日が休園日です(水曜日が休日の場合、翌日が休園日)。

入園時間
4月1日~9月30日 午前9時~午後5時半
10月1日~3月31日 午前9時~午後5時



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

家屋 | 19:22:16 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ

FC2Ad