沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

ロゴ


琉球ガラス 琉球ガラス

沖縄の島野菜 島野菜

旅行前注文で楽々沖縄旅行



沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


垣花樋川(かきのはなヒージャー 俗称 シチャンカー)
垣花樋川

 今回は本島南部の玉城にある垣花樋川(かきのはなひーじゃー)です。
 垣花樋川は、珊瑚から出来た石灰岩台地を浸透した水がこんこんと湧き出る泉です。

表示板より
 天然の美しい川や泉を保全して後世に伝えるという目的で推薦され、昭和60年に環境庁の全国名水百選に選ばれた。百選の中でも最初は全国で31件が選ばれこれに入選した。垣花樋川は集落の南側にあって、石畳の急な坂道を100メートルほど降りていくと、左側のうっそうと繁った林の中腹岩根から湧水が湧き出ている。
 かつては左側上のイナグンカー(女の川)は女が使い、右側下のイキガンカー(男の川)は男が使っていた。その下流の浅い水たまりはンマミシガー(馬浴川)、全体をまとめてシチャンカー(下の川)と呼ばれ、樋川から流れた水は下の田をうるおし、稲作が盛んであった。垣花村の人々はシチャンカーで水浴び、洗濯、野菜洗い、水汲みをするためカービラ(川の坂)を行き来した。石畳道の途中には女たちが一息入れたナカユクイイシ(中休み石)、イーユクイイシヌヒライサー(上休み石の平石)が残っている。
 現在は、簡易水道として地域の飲料水等の生活用水や農業用水として利用されている。

垣花樋川
とても綺麗な清水です。暖かくなると、子供達が水浴びで遊んでいます。

垣花樋川
こんこんといつも水が湧き出ています。

垣花樋川
垣花樋川に下る石畳道です。とても急な坂なので、足を滑らさないように注意が必要です。


場所は南城市玉城垣花にあります。グスクロードを東に走り、東端にある垣花城跡の少し南の場所です。国道331号線沿いには道路標識も出ています。



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

大川&樋川 | 21:41:24 | Trackback(0) | Comments(0)
チチンガー
 今回は井戸です。

大里村(現南城市)教育委員会の表示板より

チチンガー
 チチンガーは、島添大里グスクの城門近くの城壁外に設けられた降り井形態の井戸で西原集落の村の共同井戸として使用されていた。築造年代は定かではないが、島添大里グスクとの関係から14世紀頃と推定される。井戸の湧水地点は地表から8メートル下にあり、取水地までは琉球石灰岩の岩盤を削って43段の階段が取り付けられている。取水地の岩盤部分は琉球石灰岩の面取り積みの石垣が積まれており島添大里グスクの城壁の一部ともみなされている。
 伝承によれば、井戸が城壁外にあると清水湧きだし、城内に取り込まれると水が涸れたとのことである。また城内のスクヤマヌウカー(御井)が涸れたので築造したとの
伝えもある。
 チチンガーは、島添大里グスクと密接に関わっているばかりでなく、当時の城と井戸との関係を理解する上でも貴重である。


チチンガー

 ちょっと暗いのですが、石造りの階段を下りていくと水が湧いています。夏でもひんやりとしています。


 場所は大里から佐敷に抜ける峠道から少し入ったところです。大里公園(大里城趾)を目指すと大里城趾の手前にあります。
 バスでは那覇バスターミナルから109番(大里線)にて45分、西原入口バス停下車徒歩10分です。


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

大川&樋川 | 19:22:30 | Trackback(0) | Comments(0)
嘉手志川(かでしがー)
急に忙しくなり、しばらく更新できてませんでしたが、久々のアップは嘉手志川です。

教育委員会の説明では
 この地は高嶺ともよばれるように標高が高く、広大な石灰岩台地が水源を涵養している。  嘉手志川には、大干ばつの時、山奥から犬が濡れて出てきたのをたよりに発見したとの伝説があり、その名は「かでし、かでし(めでたい)」といって、発見の喜びを表したことに由来する。
 また、嘉手志川がある地域は、かつてミジグニ(水の国)と呼ばれ、三山時代における南山の中心地であった。ところが最後の南山王となった他魯毎(たるみい)が、中山王尚巴志の金屏風をほしがり、ついに嘉手志川と金屏風を交換した。他魯毎はこのことで領民の信用を失い、1429年尚巴志によって滅ぼされたという。

嘉手志川は糸満市大里の高嶺小学校の東側にあります。県道7号線沿いです。

嘉手志川1

嘉手志川2

今でも湧き水がこんこんとわき出しています。
住民の生活の場となっています。

沖縄への移住・観光情報 http://ryukyulife.web.fc2.com/


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

大川&樋川 | 23:42:29 | Trackback(1) | Comments(0)
具志堅樋川
 今回はあまり大きな遺構ではないのですが、作りが面白いので掲載します。南城市知念具志堅の樋川です。

知念村教育委員会の掲示板より
 知念大川を水源とするこの樋川(カー)は、昭和4年に字住民の手で築造された総栗石造りの堅固なものである。
 正面に3個の吐水口と洗濯場、右側に沐浴場のあるりっぱな造りで、住民生活に欠かせない貴重な場所であった。

南城市の国道331号線を海を見ながら走っていると、具志堅の集落に入ったところで、山側にこの遺構が見えると思います。一見、沖縄の墓にも見えますが、湧き水のある樋川です。

具志堅1


具志堅2


具志堅3


観光のページでも紹介しています。→http://ryukyulife.web.fc2.com/sightseeing.html

沖縄ブログランキング


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

大川&樋川 | 22:50:44 | Trackback(0) | Comments(0)
仲村渠樋川(なかんだかりひーじゃー)
仲村渠とかいて「なかんだかり」と呼びます。人名でも仲村渠さんという方がいます。樋川は「ひーじゃー」です。
南城市の玉城仲村渠にあります。近くにある垣花樋川は有名で観光情報誌にも載っていたりしますが、仲村渠はその近くにあります。

玉城村教育委員会の表示板では
 仲村渠樋川は、仲村集落の共同用水施設で、沖縄の伝統的な石造井泉を代表するものである。
 古くはうふがーと呼ばれ、水揚げに木製の樋をすえた程度の施設だったようだが、大正元年(1912年)から翌年にかけて、津堅島の石工により琉球石灰岩などを用いて造り替えられた。その施設はいきががー(男性用水場)、いなぐがー(女性用水場)、広場、拝所、共同風呂、かーびら(石畳)によって構成され、敷地北側からの湧水を貯水槽に貯え、水場へ流して使用されていた。昭和30年代に簡易水道が敷設されるまでは、飲用、選択、野菜洗い、水浴びなどの生活用水として利用されていたが、最近は主に農業用水に利用されている。
 しかし、先の沖縄戦で共同風呂周辺は破壊され、土で埋められたため、昭和39年に広場にはモルタルが塗られ、仮の改修がなされた。さらに、平成16年に実施された復元工事により、大正2年(1913年)当時の樋川の状態に復元され、敷地全体の景観が整えられた。同時にいきががーの芋洗い場や広場の石敷き、共同風呂も復旧整備がなされた。共同風呂については、主に発掘調査により発見された出土品(北側の石柱2本、石壁の一部、水槽、洗い場床、五右衛門風呂の一部)や近辺の類例などをもとに復元がなされた。また、法面保護のため、共同風呂北側および広場東側に擁壁工事が施され整備された。


仲村渠遠景

これが仲村渠樋川です。


仲村渠アップ

今でもこんこんと水がわき出ています。横にある風呂場の所で水をくむこともできます。


仲村渠風呂場

共同風呂(復元)です。


仲村渠石畳

上の道につながる石畳です。


ここは大きなガジュマルの木があり、夏でも涼しく、斜面にあるので海も見え休憩にいい場所です。
場所は南城市玉城仲村渠。県道137号線から少し東に入った場所にあります。道路標識があります。グスクロードから出てくると交差点を右折し、100mぐらい下ったところを左折するとあります。
垣花樋川を目指すと簡単に見つけることができるでしょう。


沖縄への移住・観光情報 http://ryukyulife.web.fc2.com/


→沖縄ブログランキング←

さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

大川&樋川 | 12:35:15 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad