沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

ロゴ


琉球ガラス 琉球ガラス

沖縄の島野菜 島野菜

旅行前注文で楽々沖縄旅行



沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


唐の船御嶽
前回の港川フィッシャー遺跡の近くにある御嶽です。
道沿いの所にあるのですが、見過ごしそうなところです。

唐の船御嶽(とうのふにうたき)

具志頭村教育委員会標示板より
 昔、中国の貿易船が難破し、船が使用不能になったので、船員はこの地に上陸し仮小屋を建てて住んでいた。彼等は食糧に窮し、附近の甘藷、野菜はもちろん、にわとり、豚等までも盗んで食べるようになった。住民は、これを公事(間切の番所)に訴え出た。公事では遭難した不運の船員に深く同情し、間切の公費でもって食糧を供給した。当地滞在中彼等中国の船員は、この地に祠を設け中国に於いて深く崇信している、航海の安全を守護する「媽祖(まそ)」と称する女神を祀り、故郷中国へ帰る航海の安全と、健康を祈願した。願いがかなって中国へ帰ることが出来た。
 帰るに際し、彼等はこの地の住民に、この祠に祀られている神様は、海上安泰、豊漁、豊穣、子孫繁昌、健康を御守りする守護神である。ひとしくこの神の庇護を受けるようにと伝えた。人々はこの神を崇信し、この祠を「唐の船御嶽」と呼ぶようになった。当時、沖縄の人々は中国のことを「唐」と呼ぶ習であった。

唐の船御嶽
石灰岩のご神体が鎮座しています。

沖縄では珍しく比較的きれいに管理されています。
関連記事


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

御嶽 | 12:43:33 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad