FC2ブログ
 

沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

沖縄雑貨うりずん


琉球ガラス検索
琉球ガラス検索・ナビゲーション


沖縄の島野菜
沖縄の島野菜


旅行前注文で楽々沖縄旅行
沖縄のお土産


沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


人頭税石(にんとうぜいせき)
 今回は宮古島にある史跡です。
 諸説色々あるそうですが、その名前からは租税をかけるための基準にだったそうです。

人頭税石(にんとうぜいせき)

表示板より
 大正10年に宮古を訪れた民俗学者・柳田國男は、「海南小記」の中でこの石柱を「ぶばかり石(賦測石)と称し、「この石で背丈を測って石の高さに達すると税を賦課された。」との伝承を紹介しています。
 1637年、琉球王府は先島(宮古・八重山)に人頭税制を施行しました。
 この税制は頭数(人口)を基準に税(粟・織物)を賦課するもので、役人の見立てにより税を納めさせられましたが、1659年には、頭数の増減に関係なく「定額人頭税」制となり、更に1710年には年齢(15才~50才)を基準として税(男は穀物・女は織物)の賦課が行われるようになりました。
 この人頭税制は1903(明治36)年1月1日の新税法施行に伴って廃止されました。何故、この石柱が「ぶばかり石=人頭税石」と呼ばれたのか定かではありませんが、人頭税が年齢制になる以前、即ち、役人の見立てで税を賦課されていた頃、或いは、それ以前に「あの石の高さほどになると、税を賦課される」という目安のようなものであったかもしれません。今日、この石柱については「人頭税石」のほか、「屋敷神」「陽石」「図根点」など、多くの説が出されています。


人頭税石

結構小さな石です。小学生の背丈ぐらいですね。

人頭税石

じっと見ていると人の顔にも見えてきそうです。

 人頭税石の場所は宮古島市平良(旧平良市)の国道390号線の続きの海沿いの道にあります。
小さなものなので見過ごしそうになります。

関連記事


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

その他史跡 | 16:54:13 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
宮古島
以前、宮古島に行ったときに見ました。
沖縄の歴史はいろいろありますね。
2008-03-10 月 13:11:46 | URL | Luke [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad