FC2ブログ
 

沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

沖縄雑貨うりずん


琉球ガラス検索
琉球ガラス検索・ナビゲーション


沖縄の島野菜
沖縄の島野菜


旅行前注文で楽々沖縄旅行
沖縄のお土産


沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


八重瀬グスク(富盛城)
八重瀬グスク(富盛城)

 今回は、八重瀬町にある城跡です。今は八重瀬公園として整備されています。

八重瀬町教育委員会の表示板より
 八重瀬グスクは一名富盛城(ともりぐすく)とも呼ばれ、島尻の世の主、八重瀬の按司の居城であったと伝えられ、今から約600年前に築かれたのではないかといわれている。
 このグスクは標高105mから125mの間にあり、八重瀬岳とは地形的に上・下の位置関係にある。グスクの面積は4,341㎡で内部には石で囲まれた郭があり、本殿跡・蔵当(クラントウ)・物見台といい伝えられたところがある。
 現在でもグスク内には「城火の神」「ナカジク火の神」「グスク井泉」と呼ばれる3カ所の拝所・井泉があり、又「カニカマルー」の伝説や民話などが残されており村人達の深い信仰の場となっている。

八重瀬グスク
城火の神です。
大きなデイゴの木に囲まれています。

八重瀬グスク
物見台から、北西を眺めると慶良間諸島までよく見えます。とても見晴らしのよい場所です。テーブルも置かれているので、弁当を食べるのにいい場所です。

八重瀬グスク
1月下旬にはカンヒザクラが綺麗な花を咲かせます。
(写真:H20.1.19)


八重瀬グスクは、車では南風原から具志頭に抜ける国道509号線を南下し、富盛の交差点を右折し500mぐらい道なりにすすんだ先にあります。
バスでは那覇BTより、沖縄バス34番に乗車し、40分ぐらいで到着します。

関連記事


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 12:06:51 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad