FC2ブログ
 

沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

沖縄雑貨うりずん


琉球ガラス検索
琉球ガラス検索・ナビゲーション


沖縄の島野菜
沖縄の島野菜


旅行前注文で楽々沖縄旅行
沖縄のお土産


沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


仲村渠樋川(なかんだかりひーじゃー)
仲村渠とかいて「なかんだかり」と呼びます。人名でも仲村渠さんという方がいます。樋川は「ひーじゃー」です。
南城市の玉城仲村渠にあります。近くにある垣花樋川は有名で観光情報誌にも載っていたりしますが、仲村渠はその近くにあります。

玉城村教育委員会の表示板では
 仲村渠樋川は、仲村集落の共同用水施設で、沖縄の伝統的な石造井泉を代表するものである。
 古くはうふがーと呼ばれ、水揚げに木製の樋をすえた程度の施設だったようだが、大正元年(1912年)から翌年にかけて、津堅島の石工により琉球石灰岩などを用いて造り替えられた。その施設はいきががー(男性用水場)、いなぐがー(女性用水場)、広場、拝所、共同風呂、かーびら(石畳)によって構成され、敷地北側からの湧水を貯水槽に貯え、水場へ流して使用されていた。昭和30年代に簡易水道が敷設されるまでは、飲用、選択、野菜洗い、水浴びなどの生活用水として利用されていたが、最近は主に農業用水に利用されている。
 しかし、先の沖縄戦で共同風呂周辺は破壊され、土で埋められたため、昭和39年に広場にはモルタルが塗られ、仮の改修がなされた。さらに、平成16年に実施された復元工事により、大正2年(1913年)当時の樋川の状態に復元され、敷地全体の景観が整えられた。同時にいきががーの芋洗い場や広場の石敷き、共同風呂も復旧整備がなされた。共同風呂については、主に発掘調査により発見された出土品(北側の石柱2本、石壁の一部、水槽、洗い場床、五右衛門風呂の一部)や近辺の類例などをもとに復元がなされた。また、法面保護のため、共同風呂北側および広場東側に擁壁工事が施され整備された。


仲村渠遠景

これが仲村渠樋川です。


仲村渠アップ

今でもこんこんと水がわき出ています。横にある風呂場の所で水をくむこともできます。


仲村渠風呂場

共同風呂(復元)です。


仲村渠石畳

上の道につながる石畳です。


ここは大きなガジュマルの木があり、夏でも涼しく、斜面にあるので海も見え休憩にいい場所です。
場所は南城市玉城仲村渠。県道137号線から少し東に入った場所にあります。道路標識があります。グスクロードから出てくると交差点を右折し、100mぐらい下ったところを左折するとあります。
垣花樋川を目指すと簡単に見つけることができるでしょう。


沖縄への移住・観光情報 http://ryukyulife.web.fc2.com/


→沖縄ブログランキング←
関連記事


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

大川&樋川 | 12:35:15 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
はじめまして
ご訪問ありがとうございます。

沖縄の歴史を紹介されているのですね。
沖縄のことは殆ど知らなくって、(^^;)


京都に住んでいると、どうしても平安時代以降のことに目が向いてしまします。
ですから、仙道は京都を中心にあちこち探索してページを作っているのですよ。

時々、遊びに来てくださいね。
2007-05-06 日 06:24:04 | URL | 仙道 [編集]
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
2007-11-30 金 08:56:25 | URL | みんな の プロフィール [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad