FC2ブログ
 

沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

ロゴ


琉球ガラス 琉球ガラス

沖縄の島野菜 島野菜

旅行前注文で楽々沖縄旅行



沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


スポンサー広告 | --:--:--
玉城城跡(たまぐすくじょうせき)
玉城城跡

今回は、南城市玉城(旧玉城村玉城)にある玉城城跡です。
非常に古い城跡で、今は城壁などがほとんど崩れています。沖縄戦以降にアメリカ軍が滑走路を造るために、持ち去ったと言うことです。


教育委員会の記載から
 玉城城跡(別名アマツヅグスク)は玉城集落の北方約700mにある。同城跡は標高約180mにある石灰岩丘陵の頂上に形成され、眺望もよく、周辺にはミントングスク、垣花城跡、糸数城跡が点在する。城跡は一の郭、二の郭、三の郭と呼ばれる連郭式であったが、今次大戦後、米軍の建設用材として二の郭・三の郭の城壁が持ち去られ、現在は一の郭のみが良く残っている。
 一の郭の城門は東側に面し、自然の石灰岩をくり抜いて仕上げている。この城門形式に類似するものが、具志川市の安慶名城跡で確認されている。
 城壁は切石積みで保存もよい。城内には住居跡と考えられる箇所が拝所が数カ所見られる。拝所の神名はアカルオイビ、ツレルオイビと称され、今日まで信仰の対象となっている。
 玉城村の文化財概要によれば「築城年代は不明であるが、アマミキヨが築いた城で得あるとの伝説があって、城主はアマミキヨの子孫の天孫子であったという。」となっている。

玉城城跡

城門です。自然石の風合いがとても長い歴史を感じさせます。

玉城城跡

城門から眼下を眺めると美原・百名の綺麗な海岸が広がります。
良く晴れた日にはお薦めのスポットです。


場所は南城市玉城玉城のグスクロード沿いにあります。県立玉城少年自然の家の近所になっています。
関連記事


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 20:45:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。