FC2ブログ
 

沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

ロゴ


琉球ガラス 琉球ガラス

沖縄の島野菜 島野菜

旅行前注文で楽々沖縄旅行



沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


スポンサー広告 | --:--:--
垣花樋川(かきのはなヒージャー 俗称 シチャンカー)
垣花樋川

 今回は本島南部の玉城にある垣花樋川(かきのはなひーじゃー)です。
 垣花樋川は、珊瑚から出来た石灰岩台地を浸透した水がこんこんと湧き出る泉です。

表示板より
 天然の美しい川や泉を保全して後世に伝えるという目的で推薦され、昭和60年に環境庁の全国名水百選に選ばれた。百選の中でも最初は全国で31件が選ばれこれに入選した。垣花樋川は集落の南側にあって、石畳の急な坂道を100メートルほど降りていくと、左側のうっそうと繁った林の中腹岩根から湧水が湧き出ている。
 かつては左側上のイナグンカー(女の川)は女が使い、右側下のイキガンカー(男の川)は男が使っていた。その下流の浅い水たまりはンマミシガー(馬浴川)、全体をまとめてシチャンカー(下の川)と呼ばれ、樋川から流れた水は下の田をうるおし、稲作が盛んであった。垣花村の人々はシチャンカーで水浴び、洗濯、野菜洗い、水汲みをするためカービラ(川の坂)を行き来した。石畳道の途中には女たちが一息入れたナカユクイイシ(中休み石)、イーユクイイシヌヒライサー(上休み石の平石)が残っている。
 現在は、簡易水道として地域の飲料水等の生活用水や農業用水として利用されている。

垣花樋川
とても綺麗な清水です。暖かくなると、子供達が水浴びで遊んでいます。

垣花樋川
こんこんといつも水が湧き出ています。

垣花樋川
垣花樋川に下る石畳道です。とても急な坂なので、足を滑らさないように注意が必要です。


場所は南城市玉城垣花にあります。グスクロードを東に走り、東端にある垣花城跡の少し南の場所です。国道331号線沿いには道路標識も出ています。



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:沖縄 - ジャンル:地域情報

大川&樋川 | 21:41:24 | Trackback(0) | Comments(0)
勝連城跡(かつれんじょうせき) 世界遺産
勝連城跡 世界遺産

今回は、本島中部、うるま市にある世界遺産勝連城跡です。勝連城跡はとても綺麗な城跡です。数年前まで城への石段がボロボロで古城という感じで味があったのですが、今は整備されて、その部分だけ石灰岩が白く綺麗です。それで石段が整備されたので上りやすくなっています。


県教育委員会の資料から
 沖縄本島中部の東海岸に突出した与勝半島の付け根に近い独立的な台地の上に、自然の地形を利用して築かれたグスクです。
 城郭は東南から北西にかけて東の郭(西原グスクとも言われる)、谷間のような地形の部分の四の郭、それらの各郭を琉球石灰岩の切石の石垣をめぐらす三の郭、二の郭、一の郭としだいに急峻となり、最後に深い谷となります。最も高い一の郭に登れば、北ははるか金武湾の島々をのぞみ、南は中城湾をへだてて南西に中城城と相対峙する実に気宇壮大な城です。
 昭和52年以来、保存整備事業が進められています。整備に伴う遺構調査によって城内の様子がしだいに明らかになってきました。調査では一の郭に瓦葺きの建物(規模は不明)、二の郭には七間六間の殿舎、三の郭には鍋底状の土壙が四基それぞれ検出されています。

勝連城跡の表示板から
 勝連城は、五つの曲輪からなり、最も高い一の曲輪に上ると、北は遙か金武湾を囲む山原の山々や太平洋の島々が望まれ、南は知念半島や中城湾、それを隔てて護佐丸の城である中城城が一望できる景勝地になっています。
 城は、琉球王国の王権が安定していく過程で、国王に最後まで抵抗した有力按司、阿麻和利が住んだ城です。伝承によると城主は勝連按司から最後の城主阿麻和利まで10代と伝えられています。勝連城や城主(按司)について、沖縄最古の歌謡集である「おもろさうし」に数多く詠まれていて勝連は”きむたか”(肝高)と表現され、日本本土の京都や鎌倉にたとえられるほど繁栄したとあり、阿麻和利も「千年もこの勝連をおさめよ、勝連の名高き王」と讃えられています。
 阿麻和利は、国王の重臣で中城に居城した護佐丸を1458年に滅ぼし、さらに王権の奪取をめざして国王の居城である首里城を攻めましたが、大敗して滅びました。阿麻和利が滅ぼされたことによって、首里城を中心とする中山の王権はいちだんと安定しました。

勝連城跡,世界遺産
丘の上にそびえているので、実に荘厳な感じのする城跡です。

勝連城跡,世界遺産
郭は堅固な石垣で囲まれています。曲線的な綺麗な城壁です。

勝連城跡は与勝半島を海中道路を目指して走ると、途中に看板があります。




さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 16:09:29 | Trackback(0) | Comments(0)
八重瀬グスク(富盛城)
八重瀬グスク(富盛城)

 今回は、八重瀬町にある城跡です。今は八重瀬公園として整備されています。

八重瀬町教育委員会の表示板より
 八重瀬グスクは一名富盛城(ともりぐすく)とも呼ばれ、島尻の世の主、八重瀬の按司の居城であったと伝えられ、今から約600年前に築かれたのではないかといわれている。
 このグスクは標高105mから125mの間にあり、八重瀬岳とは地形的に上・下の位置関係にある。グスクの面積は4,341㎡で内部には石で囲まれた郭があり、本殿跡・蔵当(クラントウ)・物見台といい伝えられたところがある。
 現在でもグスク内には「城火の神」「ナカジク火の神」「グスク井泉」と呼ばれる3カ所の拝所・井泉があり、又「カニカマルー」の伝説や民話などが残されており村人達の深い信仰の場となっている。

八重瀬グスク
城火の神です。
大きなデイゴの木に囲まれています。

八重瀬グスク
物見台から、北西を眺めると慶良間諸島までよく見えます。とても見晴らしのよい場所です。テーブルも置かれているので、弁当を食べるのにいい場所です。

八重瀬グスク
1月下旬にはカンヒザクラが綺麗な花を咲かせます。
(写真:H20.1.19)


八重瀬グスクは、車では南風原から具志頭に抜ける国道509号線を南下し、富盛の交差点を右折し500mぐらい道なりにすすんだ先にあります。
バスでは那覇BTより、沖縄バス34番に乗車し、40分ぐらいで到着します。



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 12:06:51 | Trackback(0) | Comments(0)
玉陵(たまうどぅん) 世界遺産
玉陵(たまうどぅん) 世界遺産

 今回は琉球王朝の王家尚氏の墓「玉陵(たまうどぅん)」です。首里城に隣接しているので行ったことがある人がいると思いますが、少し離れているので、首里城ほど観光客はいなく、静かな場所です。首里城と同じく、ユネスコの世界遺産に登録されています。

県教育委員会の資料より
 首里城西方にあり、尚真王が先王尚円の遺骨を見上森より移葬するため築造したのにはじまり、尚円王統歴史の陵墓となりました。
 陵墓は内外の二郭より成り、各郭は高い石垣によって画され、全体として北面し、まず外郭は庭に珊瑚礁の細破片を敷きつめ、向かって左側に西面して「たまおとんのひのもん」(1501年)が建ち、内郭に入る石門には、石造・四柱造の屋根を冠する。内郭も庭に珊瑚礁細破片を敷き、正面の墓堂は半ば背後の自然崖壁を利用し、半ば壁面に築造され、大別して中央および左右の三墓堂に分かれています。中央部には洗骨前の遺骸を納め、その左すなわち東側の墓堂には洗骨後の王および王妃、西側の墓堂にはそれ以外の家族の遺骸を納めました。これらの墓堂はともに石造り、その前面に石の階段を設け、堂前の露台に上がる。露台の前面には彫刻を施した匂欄が設けられています。1934年(昭和9)尚典候婦人を葬り、石扉を鎖したのが最後であるといわれます。
 陵墓は石造りだが切妻屋根の木造建築を表現し、屋根を板葺き形式の平瓦段葺きとし、軒は垂木型を彫り出しています。前面基壇の高欄には動植物などの彫刻を施し、棟には三つ巴の家紋や牡丹・唐草・宝珠等を彫り込んでいます。左右両袖塔上には陵墓を守護する形で石彫りの獅子像を据えてあります。

玉陵


玉陵


 場所は守礼の門から西に少し向かった所、城西小学校のそばです。
 玉陵事務所の地下には資料館もございます。



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

| 21:00:35 | Trackback(0) | Comments(0)
座喜味城跡(ざきみじょうせき)世界遺産
 今回は、本島中部の読谷村にある世界遺産「座喜味城跡」です。非常に綺麗に整った城跡で、石組みの曲線美は絶品です。

県教育委員会の冊子より
 東支那海に面した読谷村字座喜味の北端に位置し、西海岸一帯や東支那海の島々を見渡す標高125mの国頭マージの台地にあります。沖縄の城は、大半は石灰岩を基盤とする台地または丘陵に築かれており、このように土の上に築かれた城はめずらしいといわれています。築城年代は15世紀前半ごろで、座喜味の北東4キロメートルにある山田城の城主・護佐丸が北山監守のとき、山田城を取り壊してその石材を運ばせて築城したと伝えられています。城は主郭と二の郭とからなり、外周365メートル、総面積7,385平方メートルで沖縄の城としては中規模です。
 城壁は琉球石灰岩によるあいかた積みを基調とし、拱門とその両脇は整然とした布積みとなっています。アーチ形の城門は、沖縄的手法が用いられた最初のものと推定されています。

座喜味城跡

 城門 沖縄の城門はこのようにどこか大陸的です。

座喜味城跡

 城壁は雄大です。

象の檻

 今はもう撤去されましたが、米軍通信施設「象の檻」です。基地返還で色々とありましたが、今となっては懐かしい風景です。





さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 16:51:45 | Trackback(0) | Comments(0)
龍潭(りゅうたん)
 今回は首里城に隣接する人工湖「龍潭」です。

県教育委員会の冊子より
 王城である首里城の北隣の龍潭とハンタン山一帯は、王都首里の姿を彷彿させるにたる場所です。「安国山樹華木記碑」には、尚巴志王時代に整備事業の一環として1427年龍潭を掘り、その周辺には美しい花木を植えて美化したことが記されています。
 龍潭は王相懐機に命じて冊封使一行を接待する目的でつくられたといわれています。1604年尚寧王のとき第一回、1678年尚真王のとき第2回の浚渫工事が行われています。第2回のときはのべ4万人を動員し、172日間もかかった大工事でした。その後尚穆王のとき第三回、1936年(昭和11)第4回、1942年(昭和17)に第五回の浚渫工事が行われました。
 首里城の龍樋から流れ出る清水は円鑑池を経て、龍淵橋の下をくぐり抜けてこの龍潭に注がれるようになっています。
 今日でも龍潭周辺は市民の憩いの場として多くの人々に愛されています。

龍潭

 龍潭首里城に隣接しているので首里城見学のあと時間があれば立ち寄るといいでしょう。池の周りは散歩出来るように遊歩道になっています。

 龍潭はモノレール「首里城前」駅から首里城に向かって歩くと10分ぐらいの場所です。



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 20:46:04 | Trackback(0) | Comments(0)
旧祟元寺(そうげんじ)第一門及び石牆(せきしょう)
旧祟元寺第一門及び石牆

 今回は那覇市内の国際通りから直ぐの場所にある寺跡です。ほとんどが戦傷により無くなりましたが、寺門が残っています。

県教育委員会の冊子より
 旧祟元寺は臨済宗の寺で、山号を霊徳山といい、舜天王以下歴代の王の霊位をまつる琉球王朝時代の国廟でした。冊封使来琉のとき、首里城での新王の冊封に先立ち、この寺で先王の霊位をまつる儀式が行われたといわれます。
 「第一門及び石牆」は、正面中央部にある切石布積み三連の石造アーチ門とその左右にのびる石積みの囲いです。創建年代は不詳ですが、正面道路沿いに建てられている「祟元寺下馬碑」に「大明嘉靖六年丁亥二十五日」の銘があり、嘉靖六年は尚清王の即位元年(1527年)に当たり、そのころとみなされます。
 第一門は、旧来の手法にこだわらず、独創的な意匠(デザイン)によるもので、沖縄における代表的石造建築のひとつといわれています。
 祟元寺は尚王家の廟所で、歴代国王の霊位をまつってあります。


旧祟元寺石門

 門をくぐり中から撮影しています。



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

その他史跡 | 17:42:49 | Trackback(0) | Comments(0)
玉城城跡(たまぐすくじょうせき)
玉城城跡

今回は、南城市玉城(旧玉城村玉城)にある玉城城跡です。
非常に古い城跡で、今は城壁などがほとんど崩れています。沖縄戦以降にアメリカ軍が滑走路を造るために、持ち去ったと言うことです。


教育委員会の記載から
 玉城城跡(別名アマツヅグスク)は玉城集落の北方約700mにある。同城跡は標高約180mにある石灰岩丘陵の頂上に形成され、眺望もよく、周辺にはミントングスク、垣花城跡、糸数城跡が点在する。城跡は一の郭、二の郭、三の郭と呼ばれる連郭式であったが、今次大戦後、米軍の建設用材として二の郭・三の郭の城壁が持ち去られ、現在は一の郭のみが良く残っている。
 一の郭の城門は東側に面し、自然の石灰岩をくり抜いて仕上げている。この城門形式に類似するものが、具志川市の安慶名城跡で確認されている。
 城壁は切石積みで保存もよい。城内には住居跡と考えられる箇所が拝所が数カ所見られる。拝所の神名はアカルオイビ、ツレルオイビと称され、今日まで信仰の対象となっている。
 玉城村の文化財概要によれば「築城年代は不明であるが、アマミキヨが築いた城で得あるとの伝説があって、城主はアマミキヨの子孫の天孫子であったという。」となっている。

玉城城跡

城門です。自然石の風合いがとても長い歴史を感じさせます。

玉城城跡

城門から眼下を眺めると美原・百名の綺麗な海岸が広がります。
良く晴れた日にはお薦めのスポットです。


場所は南城市玉城玉城のグスクロード沿いにあります。県立玉城少年自然の家の近所になっています。

さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

城跡 | 20:45:34 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。