沖縄 ひろし

沖縄の城跡、石獅子、大川など歴史的遺構を紹介しています。
真っ青な海もいいですが、歴史の探検も面白いですよ。





遺跡名等を入力してください。



 沖縄方言とシーサーのオリジナルLINEスタンプです。
http://line.me/S/sticker/1094298
 LINEアプリからは「沖縄方言」「シーサー」で検索して下さい。



沖縄雑貨のお求めは・・・

ロゴ


琉球ガラス 琉球ガラス

沖縄の島野菜 島野菜

旅行前注文で楽々沖縄旅行



沖縄,島野菜,料理,レシピ
Macintosh、iPad用
(iBook判25.4MB)


一般用
(PDF判18MB)



沖縄関連参考書



























琉球ガラス


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


スポンサー広告 | --:--:--
前川樋川(まえかわひーじゃー)と前川民間防空壕
前川樋川と前川民間防空壕

表示版より
 琉球王府の史書である「球陽」(1745年)によると、前川区は1736年に糸数城跡南側の麓から現在地に移動している。この前川樋川も当時の絵図(琉球国惣絵図・1750年頃)にも記載されていることから、当時から住民の生活用水として利用していたと思われる。
 急勾配の石階段は水運びが不便であったため、1932年に南側へ緩やかな道路を造り、水運びが楽になった。当初、樋川は簡易な水溜め程度の施設だったが、1936年に現在の粟石製貯水タンクと女性用の水浴場を建造して、日本本土復帰前(昭和40年代)まで貴重な水源として使われれてきた。
 同樋川を中心とした崖の中腹には、岩盤を掘り込んで築造された民間防空壕が40ヶ所、並んで存在している。
 この民間防空壕は1944年10月10日の南西諸島大空襲(那覇市は9割の家屋が焼失した。)後、米軍の沖縄上陸が濃厚となったため、字民が2・3世帯ずつ一組になり避難壕として建設したものである。壕入口の多くはしゃがんで通れるくらいの高さで、広さは約4㎡。隣り合う壕が内部で連結するという構造になっている。字前川近くに米軍が進行してきた際には、多くの住民がこの壕や南部具志頭方面に避難した。なお、この壕では4ヶ所で集団死が起こっており、20人余が死亡している。
 旧玉城村内には自然洞穴を利用した防空壕は多いが、このようにまとまって掘られた民間防空壕はここだけである。

※防空壕の写真は撮影しておりません。

前川樋川
前川樋川,樋川,沖縄,史跡

前川樋川,樋川,沖縄,史跡




さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


大川&樋川 | 18:28:06
上門(いーじょう)の石門と石畳道
上門の石門と石畳道

表示板より
 「富名腰ウエキー」と呼ばれる上門のヒンプンと石垣の屋敷囲いは、多くの石工と人夫を動員して造られ、一年以上かかったと言い伝えられています。使用した石は集落の東側(ナンジャーガーの下側等)にある岩山の石を切り取ったもので、大勢の人々が引っ張って運んだと言われています。また、西側と後方には石畳道が残っており、石垣には石敢當がはめ込まれているなど珍しい方法で設置されています。

上門の石門と石畳道,南城市,史跡,石畳

上門の石門と石畳道,南城市,史跡,石畳
※個人宅なので、道路から見学するようにしましょう。



さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


家屋 | 15:10:40
知念大川(ちねんうっかー)
知念大川

表示板より
 知念大川の水源地は後ろの崖下にある「ウファカル」と呼ばれる湧水で、『中山世艦(ちゅうざんせいかん)』(1650年)には「アマミキヨが知念大川後ろの田と玉城の受水走水(うきんじゅはいんじゅ)に稲を蒔いた」と記されています。このことから、知念大川は琉球国王が自ら参拝する聖地とされ、現在の東御廻り(あがりうまーい)に受け継がれています。

知念大川,沖縄,史跡,湧き水,パワースポット

知念大川,沖縄,史跡,湧き水,パワースポット





さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


大川&樋川 | 16:32:26
カラウカハ
カラウカハ

表示版より
 玉城新原集落の北西側にあり、知念の「ウファカル」、玉城「受水・走水」とともに稲作発祥伝説の舞台となっています。
 地元の伝承によると、今から約700年前、中国から稲穂をくわえて飛んできた一羽の鶴が暴風にあってこの地に落ち、その稲穂がここで芽を出しました。早苗はアマミツ(地元の偉人)によって受水・走水の水田(御穂田)に移植され、琉球最初の稲作が始まったと伝えられています。現在は地域の拝所として、初ウビー(若水取りの儀式)などの行事に拝まれています(別名「天孫子ガー」)。

カラウカハ,史跡,稲作発祥地,玉城,新原





さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


大川&樋川 | 20:47:00
天后宮
天后宮

表示板より
天后宮
 天后宮は、一名ブサードー(菩薩堂)とも呼ばれ、本尊に中国の航海安全の神天妃(天后ともいう)を勧請して祀っている。
 1756年、尚穆王の冊封のため中国より来琉途中の冊封使一行(正使全魁、副使周煌、外200余名)の船が台風にあい、真謝港外で遭難した。時の地頭代喜久村絜聡をはじめとする島の人々により全員救助され真謝の蔵元にしばらく滞在して船を修理し無事に那覇に着き冊封の儀式を行うことができた。その時の神の佐に感謝して1759年、尚穆王により堂が創建された。工事にあたっては冊封使一行からも工費銀や扁額聯などが寄進された。銀はグサーグムチ(菩薩堂基金)として保管され、年々の祭祀料として明治末まで活用された。堂は三間四方の平入り入母屋造の本瓦葺きで、周囲に雨端(土庇)をめぐらし、屋根は段差を設け、しころ葺き風になっている。堂内は正面に仏壇があり、厨子を安置して天妃像を祀ってある。かつては天妃像の左右に千里眼と順風耳の二神を配し、楣には「玉山仙姥の扁額、仏壇左右の柱と入口両側の柱にそれぞれの聯がかかげられていた。

天后宮,久米島,沖縄,御嶽






さらに情報検索
沖縄関係のブログ色々あります。にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ


御嶽 | 23:34:03
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。